ママ活のママ側ってどんな理由で男性の金銭的サポートをしているんですか?

デートや食事、時にはホテルに行くだけで大金をもらうことができるママ活。

男性にとっては年上女性に短時間お付き合いをするだけでお手当をもらえるので、アルバイトをするよりも効率のいい稼ぎになりますが、肝心の女性がどうして少額ではない金額を払ってまで男性のサポートをしているのか、不思議に思ったかたも少なくないでしょう。

満たされない寂しさを埋めてほしい

ママ活女性の中には既婚者も少なくありません。

ですが、特定のパートナーがいるにもかかわらず女性として見てもらえない、子どもの母親としか周囲に認識してもらえないことに不満を抱えていて、生活圏外にいる外部の男性に「1人の女性」として大切に扱ってほしいという願望を抱いているかたが多いのです。

ママ活は相手を見つけるのに手っ取り早い手段。

お金でしかつながっていない相手なので、男性が本気になって家庭崩壊する可能性も少ないだろうと、よく利用されています。

浮気の腹いせにママ活

恋人やパートナーが浮気をして他の女性と楽しんでいる、そのことに怒って腹いせでやり返したいと考えている女性もいます。

そこで、相手を見つけてお金を払うから自分が望む行為をしてほしいと、出会い系サービスなどで男性を探した結果、ママ活に辿り着くのです。

忙しくて恋人が作れない

収入は申し分なし、生活にもゆとりがあるけれども何よりも仕事が忙しくて恋人を作っている暇がない、そんなキャリアウーマンもママ活をしています。

要するに、余裕のある金銭を使って男性を買って、自分の都合のいい時に呼び出して適度に欲求を発散するのに付き合ってもらうようにしているのです。

そんなママ側とお金が欲しい男性とはwin-win、長続きしやすい関係になりやすい傾向です。