【徹底解説】ヒカキン(HIKAKIN)の年収は?その詳細を大公開!

ヒカキンの年収は???

今や将来なりたい職業ランキング上位のユーチューバー。実際はどれくらい稼いでいるのか?
数百??数千???数億!!!???

新しい職業なだけに年収がいくらなのか、気になるところです。

家賃3桁のマンションに住んでおり、Amazonで1ヶ月64万円使ったり、約1,500万円するLouisVuitton×supremeのトランクを動画内で購入するなど、会社勤務をしている人では考えられない程、稼いでいるのは間違いないですね。

TV番組でヒカキンの月収を聞いたダウンタウンの松ちゃんが思わず『今日のご飯代だしてね』とヒカキンに言ってしまい『本当に驚いた!』とコメントするほど稼いでいるトップユーチューバーのヒカキンの収入は果たしていくらなのか。

ヒカキンの収入源は大きく分けて5つ

・YouTubeの動画の再生数・広告収入
・企業案件
・書籍などの印税
・UUUM株式会社の役員報酬
・テレビやCM出演のギャラ

YouTubeの動画での広告収入とは

ヒカキンの収入の中でも、一番の割合を占めているのがやはりyoutubeの広告収入です。

まずYouTubeの動画の再生数ですが、
1再生当たり、0.1円から0.5円と言われています。これはyoutubeのランクやチャンネルのジャンルでも変動するため確実なことは分かりません(;´・ω・)

ただここまで超人気ユーチューバーなので、ここは0.5円で計算してみましょう。
2017年の動画再生数は25憶回を記録しているので、

『約25億回 × 0.5円 = ” 12.5憶円 ”』

この時点で、とんでもない金額になってしましました。
この計算はHIKAKINTVとHIKAKINgamesのチャンネルのみで計算したため、他にも2つチャンネルがあるのでこの金額以上は稼いでいることでしょう。

企業案件とは

企業案件とは、企業から商品やアプリ、ゲームなどをyoutubeの動画で紹介をすることをいいます。

トップユーチューバーのヒカキンクラスになると大企業からのオファーも多く企業案件の収入も相当なものかと思います。
他の人気youtuberがヒカキンが月に6本の案件を受けていると発表していました。(あくまでも予想です)
企業案件は、チャンネル登録者数×1.5円と言われているため、、、

『 6本 × 12ヶ月 × 650万人 × 1.5円 = ” 7億2百万円 ” 』

またまたとんでもない金額ですね。メインチャンネルで月に6本案件を受けた場合なので、もちろん前後しますが、会社員が一生かけても稼げない金額であることには間違いないです。

その他にも。。。

UUUM株式会社の役員報酬、書籍の印税、音楽の売り上げ、
テレビ出演のギャラがもらえます。
ただ、これらの収入がいくらなのかは不明でした。

参考までに2017年の29歳男性平均年収は約425万円です。

芸能人の番付を見ているとビートたけしの年収が推定13億円、中居正広が推定7億2500万円。
このお2人より稼いでいるヒカキン。恐ろしすぎますね。

19億円の使い道とは

youtubeの広告収入が約12.5憶円
企業案件の収入が約7憶円
印税やテレビ出演料、役員報酬を合わせると年収は、なんと19憶円以上(;’∀’)

税金の支払いが55%で、その金額を差し引いても8.5憶円以上が手元に残る訳ですね。

そんな収入があっても果たして何に使っているのでしょうか。

ヒカキン含めyoutuberはプライベートで物欲がない人が多く割と地味に過ごしているんだとか、お金持ちになりたくてyoutuberになった訳ではないそうでyoutubeは動画が面白くなればいい!と感じているようです。確かに今となってはyoutuberという職業が認められてきましたが、長くyoutubeの動画配信をしている人はお金を稼いでやる!というモチベーションではなかったのかもしれません。
ヒカキンが稼いでうれしかったのは1000万円をこえたときがピークで、それ以上になったときは感覚がマヒしてうれしい訳ではなかったそうですよ。
こんなに売れっ子youtuberでyoutuberといえばヒカキンと言っても過言ではないのにこの職業がこれから先どうなるか分からないことや明日突然youtubeに出れなくなるかもしれないという不安もあるそうで、とにかく貯金をすると動画で言っていました。
そうなると気になるのが貯金の金額です。やはりお金のことは気になります。しかし動画では、絶対にお金の話をしないのです。

ヒカキンと同年代の20代の平均年収

ヒカキンと同年代の20代の平均年収を調べてみました。

20代の平均年収は298.5万円。20代前半だと240万円。後半だと340万円ほどになります。

20代でも年収が高いのは、IT系のWebデザイナーや介護職。住んでいる地域や男女で差もありますが、平均年収はこれくらいが妥当でしょう。

さらに驚きなのは年収1憶円以上稼いでいる日本人は、なんと1%!!
医者や弁護士なども収入はもちろん高いですが、1憶円以上かせぐならスポーツ選手など特殊な才能を持ち合わせた人です。
芸能人の年収はビートたけしが13憶円、マツコ・デラックスが10憶円、有吉弘行が8.4憶円と世界のたけしとも言われるお方より稼いでいるヒカキンは本当に桁外れです。

数年以内には、ユーチューバーが長者番付のランキング上位に何人も入ってくるようになるかもしれませんね。

ユーチューバーは過酷な職業!?

ヒカキンは2011年のyoutube初投稿から毎日動画配信していました。
(今では不定期でお休みしているようです。)

動画のネタを考え準備をして撮影そして動画の編集、さらにはyoutube以外の仕事もありお休みがないようです。24時間密着動画を見ていると寝る時間もなく、ご飯もコンビニ飯で働きすぎなのでは。。。と心配になりました。
とんでもない金額を稼ぎ、華やかに見えるyoutuberの仕事ですが、休みもなく体力勝負な仕事だということが分かります。

自分の部屋で撮影するので自宅ばれの危険もあり、旅行に行ってもお買い物をしてもカメラを回し、顔ばれして有名人扱いされるわけなので静かに外出することもできなくなります。とんでもないお金を稼いでいますが、大きなリスクも背負っているわけですね。

ただ20代でサラリーマンが一生かけても稼げない金額を稼いでいるので憧れの存在であり、夢のある職業なのは間違いないですね。